自動車ガラスのトラブルの原因特集

自動車ガラスは走行中・停車中に関係なく、ある日突然トラブルが発生するものです。予め事例と原因を知っておくことで、ガラスに異変が生じても落ち着いて対処することができます。

}PgžxQガラスに発生するトラブルは、大きく分けて「キズ」と「汚れ」の2つに分類されます。中でもキズは発生数の大半を占めるものです。小石や砂によって生じる事が多く、飛んできた石が衝突したり、砂の付着したワイパーで擦ったりする事で起きます。これらによる傷が微細でも、振動や温度変化に伴ってキズ口が広がることもあります。

日常で可能な予防策としては屋外での保管を極力控え、小石や砂を巻き上げやすい大型車両の後ろを走らないことです。また、洗車時はワイパーの砂もしっかりと落としましょう。

汚れの2大現象は油膜と水垢で、これらが生じる原因は、排気ガスや雨に含まれる化学物質、自動車部品やカー用品に含まれるシリコンや油分によります。水垢の発生源は意外な事に洗車時の水(水道水も含む)に含まれるカルシウムやミネラルです。

対策としては、油膜ならカーシャンプーで汚れを落とすことができます。家庭用の中性洗剤も代用可能です。利用時は洗剤を残さず洗いきりましょう。残留すると新たな汚れの元になります。水垢は意外と頑固で、特にウロコ状のものはガラス表面に化学反応で張り付いたものですから落とすのが困難です。対策の1つとして、洗車の後は必ず乾拭きをしましょう。たかが水と油断せずしっかりとふき取りましょう。

ドライバーの予防と対策次第で、リスクは大きく減らせます。ちょっとした気遣いが車を長く状態で維持する効果的な方法です。

コメントは受け付けていません。