赤外線カットガラスの特徴

}PgžxQ四季を通じて陽射しの強い日は、ジリジリとした暑さを感じるものです。特に夏はその傾向が高く、クーラーを用いても焼かれるような感覚は変わらず、不快さを増します。こうした不快感を和らげる為に開発されているのが、赤外線遮断処理の施された赤外線カットガラスです。

赤外線遮断処理の施されたガラスの特徴は、景色の明るさはそのまま、ジリジリとした感覚を与える赤外線をカットすることです。これに加えて紫外線をもカットしてくれますから、日焼けやシミ・ソバカスが気になる方にも有効活用できる物となっています。特に、エアコンを併用すると高い涼感を得ることが可能です。車内温度を下げる時間も短くなりますので、より快適な車内環境を維持する役に立ってくれます。

その構造は、合わせガラスの間に赤外線吸収剤を練り込んだ素材を挟んだ物と、裏面に赤外線遮断コーティングを施した物とがあり、用途によって使い分けられています。

赤外線遮断処理が施されたガラスは、強い日差しによる暑さを和らげたい方、日焼けやシミ・ソバカスを防ぎたい方に嬉しい装備となっています。プライバシーガラスとは異なり、フロントガラスやフロントドアガラスにも用いることができますから、同乗者だけでなくドライバーも陽射しの影響を和らげることが可能です。

コメントは受け付けていません。