プライバシーガラスの特徴

ソファー年の車は、ウィンドウが広くなって快適な空間になってきた反面、外から車内が見えやすくなっています。この為、できるだけ車内の様子を見えにくくしたい需要が高まり、遮光効果の高いプライバシーガラスが使われるようになっています。

遮光効果を高めたガラスの特徴は、サングラスの様に可視光・紫外線・赤外線を抑えてくれることです。これにより、外部からは車内の様子を見通しにくくなり、プライバシーが保たれた環境を作ることができます。また、副次的な効果として遮熱効果があります。社内温度の上昇を和らげることで、エアコンの効きが良くなります。日焼けを防止する事もできますので、車内をより快適な環境に保つことができるものです。

しかし、こうした特徴は、車内からも車外を確認しにくくなる性質があるものです。この為、遮光効果を高めたガラス越しでは早朝・夕方以降・雲天時の視認性が悪くなります。ドライバーにとって視覚情報が得にくくなるのは安全上の死活問題ですから、フロントガラスとフロンドドアガラスに使うことは禁止されています。

遮光効果の高いガラスは同乗者が安心して乗車できる環境を整える便利なものです。様々な車メーカーが標準装備としていたり、オプションとして追加できるようにしていたりと、一般的に用いられる装備として普及しつつあります。

コメントは受け付けていません。