‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

干渉物

2014/09/11

デスク01自動車に設定されている窓ガラスは多く、例えば一般的な乗用車の場合ではフロントガラスや運転席と助手席のガラス、後部座席横のガラス、真後ろに設置されているガラスなどがメインとなります。一般的には視界を良好にするために、綺麗な状態に仕上げて運転する方も多く存在している部分になりますが、干渉物となる物などがぶつかってしまうことには注意することが必要になります。一般的な走行中に関しては、飛び石などによって破損してしまうことが多いものとして認識されていて、修理を専門に行うキットや、修理工場なども存在しています。その一方で、自動車の車内に設置したり積載している物品などに関しても注意をすることも必要になります。例えばスコップなどの柄の長い物を積む場合では、道具類が自動車の走行中に振動によって破損してしまう可能性を持っています。運転席の周辺であっても、例えば後付けのカーナビや、コロンなどを設置している方の場合では、常に窓ガラスに当たらないように設置することを心掛けることが良い方法になります。外部からの場合では、薬剤など特殊なものが付着してしまうことが無いように配慮することが必要になり、万が一の破損の際には適切に修理を利用することが必要になります。

飛び石

2014/09/11

自動車のガラス破損の大きな原因の一つが、前の車からの飛び石です。
走行テーブル中に跳ね上げられた石は、回転しながら当たたります。
数ミリの小さな欠け程度の傷なら車検も通るので、そのまま放置される方もいますが、
その傷は、回転しながら、えぐり削られて出来ています。
走行時の振動・風圧・車外と車内の温度差などの諸条件で、いつの間にか傷が大きく拡がってしまう場合があります。
そうなると、1万円以内の修理代で済んだはずが、何万円も負担しなければならなくなります。
小さな傷でも早めに見てもらうことが、安全面、経費面からも重要です。
また、自動車保険で車両保険に加入されている方は、修理の際に保険を使う事も多いと思います。
その際、注意しなければいけない事があります。
盗難やいたずら、飛んでくる石によるガラス破損は、運転者の運転技術に関係ないので、今までは次年度の保険料が割増されることはありませんでした。(等級据え置き事故扱い)
しかし、2012年10月から、一部の共済などと除く、ほぼ全ての損害保険会社では、これらの事故も1等級ダウン事故扱いに変更しています。
次年度の自動車保険料アップを考えると、保険で修理しないで自費で対応した方がよいケースも出てきますので、
修理の際は、保険担当者と必ず相談して下さい。

自動車ガラスのトラブルの原因特集

2014/09/11

自動車ガラスは走行中・停車中に関係なく、ある日突然トラブルが発生するものです。予め事例と原因を知っておくことで、ガラスに異変が生じても落ち着いて対処することができます。

}PgžxQガラスに発生するトラブルは、大きく分けて「キズ」と「汚れ」の2つに分類されます。中でもキズは発生数の大半を占めるものです。小石や砂によって生じる事が多く、飛んできた石が衝突したり、砂の付着したワイパーで擦ったりする事で起きます。これらによる傷が微細でも、振動や温度変化に伴ってキズ口が広がることもあります。

日常で可能な予防策としては屋外での保管を極力控え、小石や砂を巻き上げやすい大型車両の後ろを走らないことです。また、洗車時はワイパーの砂もしっかりと落としましょう。

汚れの2大現象は油膜と水垢で、これらが生じる原因は、排気ガスや雨に含まれる化学物質、自動車部品やカー用品に含まれるシリコンや油分によります。水垢の発生源は意外な事に洗車時の水(水道水も含む)に含まれるカルシウムやミネラルです。

対策としては、油膜ならカーシャンプーで汚れを落とすことができます。家庭用の中性洗剤も代用可能です。利用時は洗剤を残さず洗いきりましょう。残留すると新たな汚れの元になります。水垢は意外と頑固で、特にウロコ状のものはガラス表面に化学反応で張り付いたものですから落とすのが困難です。対策の1つとして、洗車の後は必ず乾拭きをしましょう。たかが水と油断せずしっかりとふき取りましょう。

ドライバーの予防と対策次第で、リスクは大きく減らせます。ちょっとした気遣いが車を長く状態で維持する効果的な方法です。

防犯再度ガラスの特徴

2014/09/11

ダイニング01近年、大型店舗の駐車場等、車が多く集まる場所で、車上荒らしの注意喚起をする呼びかけが行われてます。この様な犯行は、ハンマーやピックで車のガラスを割って行われる例が少なくありません。この犯行手段に有効な対策が、頑丈な防犯再度ガラスです。

このガラスの特徴は、2枚の強化ガラスの間に貫通しにくい特殊素材を挟んで作られている事です。壊すのに長い時間がかかりますから、車上荒らし犯に手間がかかると思わせて犯行を諦めさせる効果があります。

例えば、普通のガラスは一撃で大きく割れて広い穴が開いてしまいますから、ガラスを割って物を盗み取るまでほんの数秒しかかかりません。一方、防犯処理を施したガラスであれば、小さな穴を開ける為に30秒以上かかります。この間に道具を振り回して大きな音を立てれば周りに気が付かれますから、たとえ犯人が手を出したとしても途中で諦めて逃げてしまいます。盗み取るまで行えたとしても、目撃者を増やすことになります。

どのような対策にも、それを攻略する方法はあるものです。しかし、実際の犯罪は効率を重視して行われるものですから、犯人は時間がかかる面倒な相手は避けようとします。防犯処理を施したガラスを車に利用する事は、車上荒らしのリスクを減らす有効な方法の1つであると言えるでしょう。

遮音ガラスの特徴

2014/09/11

車を運転ソファーとテーブルしている間は、ウィンドウを締め切っていても様々な騒音が聞こえてくるものです。車が立てるエンジン音やロードノイズ、耳障りな風切り音等はドライバーのストレスの原因になります。しかし、こうした音の多くはガラスを通じて伝わるものなので、遮音処理を施した「遮音ガラス」を取り付けることで騒音を効果的にカットする事が可能です。快適な運転環境を作る物として、高級車を中心に導入されています。

遮音処理を施したガラスの特徴は特殊な遮音素材が用いられている事です。2枚のガラスを合わせて作る「合わせガラス」の間に遮音素材を挟むことで、車の周囲で生じるシャットアウトしてくれます。この遮音処理には、製造メーカーが競ってその性能や機能を向上させているものです。メーカーによって「ガラスの厚みを変えずに高度な遮音性能を持たせる」「人間にとって耳障りな音をカットする」等、得意なポイントが異なっています。

遮音処理の施されたガラスを車に取り付けると、車内はより静かになり、快適な運転環境が得やすくなります。特に性能の高いものは図書館に居るのと同じくらい静かな環境を得る効果があります。運転中に耳障りな騒音で悩んでいる方にとっては、とてもありがたい装備であると言えるでしょう。

プライバシーガラスの特徴

2014/09/11

ソファー年の車は、ウィンドウが広くなって快適な空間になってきた反面、外から車内が見えやすくなっています。この為、できるだけ車内の様子を見えにくくしたい需要が高まり、遮光効果の高いプライバシーガラスが使われるようになっています。

遮光効果を高めたガラスの特徴は、サングラスの様に可視光・紫外線・赤外線を抑えてくれることです。これにより、外部からは車内の様子を見通しにくくなり、プライバシーが保たれた環境を作ることができます。また、副次的な効果として遮熱効果があります。社内温度の上昇を和らげることで、エアコンの効きが良くなります。日焼けを防止する事もできますので、車内をより快適な環境に保つことができるものです。

しかし、こうした特徴は、車内からも車外を確認しにくくなる性質があるものです。この為、遮光効果を高めたガラス越しでは早朝・夕方以降・雲天時の視認性が悪くなります。ドライバーにとって視覚情報が得にくくなるのは安全上の死活問題ですから、フロントガラスとフロンドドアガラスに使うことは禁止されています。

遮光効果の高いガラスは同乗者が安心して乗車できる環境を整える便利なものです。様々な車メーカーが標準装備としていたり、オプションとして追加できるようにしていたりと、一般的に用いられる装備として普及しつつあります。

UVカットガラスの特徴

2014/09/11

}PgžxQ近年の自動車には女性ユーザーを意識したオプションが充実しています。車の中というのは空調により快適な空間を維持することが出来るのですが、4面をガラスに囲まれている環境である以上紫外線による影響を無視することはできません。そのため知らない間に日焼けをしてしまうという問題と女性は戦ってきたのです。
しかし最近ではUVカットガラスを使用した新車販売が人気を集めています。後からUVカット仕様にするのは困難であるためフィルムを張り付けるなどの対応をすることで対応してきた女性が多い中、最初から紫外線カットを目的とした加工をした形で購入することが出来るのは大きなセールスポイントになっているのです。
このガラスの特徴はその名前の通りUVカットです。運転している時に嫌が王にも浴びてしまう紫外線をガラスの段階で防ぐ仕組みを構築しているのが最大の特徴です。それに加えて腕カバーなどの日焼け対策を行うことで運転中の日焼けから身を守ることが出来るようになるのです。この加工には数万円の追加費用がかかりますが、女性にとって美白にかける費用としては全く高い買い物ではないのが現実です。そのため非常に需要の高いオプションになってきています。

赤外線カットガラスの特徴

2014/09/11

}PgžxQ四季を通じて陽射しの強い日は、ジリジリとした暑さを感じるものです。特に夏はその傾向が高く、クーラーを用いても焼かれるような感覚は変わらず、不快さを増します。こうした不快感を和らげる為に開発されているのが、赤外線遮断処理の施された赤外線カットガラスです。

赤外線遮断処理の施されたガラスの特徴は、景色の明るさはそのまま、ジリジリとした感覚を与える赤外線をカットすることです。これに加えて紫外線をもカットしてくれますから、日焼けやシミ・ソバカスが気になる方にも有効活用できる物となっています。特に、エアコンを併用すると高い涼感を得ることが可能です。車内温度を下げる時間も短くなりますので、より快適な車内環境を維持する役に立ってくれます。

その構造は、合わせガラスの間に赤外線吸収剤を練り込んだ素材を挟んだ物と、裏面に赤外線遮断コーティングを施した物とがあり、用途によって使い分けられています。

赤外線遮断処理が施されたガラスは、強い日差しによる暑さを和らげたい方、日焼けやシミ・ソバカスを防ぎたい方に嬉しい装備となっています。プライバシーガラスとは異なり、フロントガラスやフロントドアガラスにも用いることができますから、同乗者だけでなくドライバーも陽射しの影響を和らげることが可能です。

自動車ガラスの種類について

2014/09/11

}PgžxQ現在、自動車ガラスとして用いられているガラスは大きく分けて2種類あります。
一つ目は『合わせガラス』と呼ばれるもので、このガラスは自家用だけでなく様々な用途の自動車のフロントガラスに採用されています。
合わせガラスは2枚の板ガラスを接着したもので、板ガラス同士の間に高い強度を持つ樹脂膜を挟んで作られています。
合わせガラスは中に挟まれた樹脂膜には、ガラスが破損した場合の破片の飛散を防止する効果のほか、物体がガラスを貫通しにくくする効果があるため、万が一の事故の際にも、破片によって負傷したり、衝撃によって車外へ搭乗者が飛び出す事態を防止することが可能となっています。
二つ目は『強化ガラス』と呼ばれるもので、このガラスは多くの自動車のフロントガラス以外の部分で採用されています。
このガラスは原料そのものは一般的なガラスと同じですが、製造の過程で一度高温まで加熱してから冷却することで、表面の圧縮応力の効果によって耐衝撃性能が高められているのが特徴です。
強化ガラスは特に外側からの圧力や衝撃に対して強い設計となっており、一般的な板ガラスと比較した場合では約3~5倍の強度となっています。
なお、近年ではガラスの製造技術も向上しており、安全性を重視した従来の製品に加え、紫外線をカットする機能を持つ製品や遮音性を重視した設計の製品など、様々な種類の製品が登場しています。