遮音ガラスの特徴

車を運転ソファーとテーブルしている間は、ウィンドウを締め切っていても様々な騒音が聞こえてくるものです。車が立てるエンジン音やロードノイズ、耳障りな風切り音等はドライバーのストレスの原因になります。しかし、こうした音の多くはガラスを通じて伝わるものなので、遮音処理を施した「遮音ガラス」を取り付けることで騒音を効果的にカットする事が可能です。快適な運転環境を作る物として、高級車を中心に導入されています。

遮音処理を施したガラスの特徴は特殊な遮音素材が用いられている事です。2枚のガラスを合わせて作る「合わせガラス」の間に遮音素材を挟むことで、車の周囲で生じるシャットアウトしてくれます。この遮音処理には、製造メーカーが競ってその性能や機能を向上させているものです。メーカーによって「ガラスの厚みを変えずに高度な遮音性能を持たせる」「人間にとって耳障りな音をカットする」等、得意なポイントが異なっています。

遮音処理の施されたガラスを車に取り付けると、車内はより静かになり、快適な運転環境が得やすくなります。特に性能の高いものは図書館に居るのと同じくらい静かな環境を得る効果があります。運転中に耳障りな騒音で悩んでいる方にとっては、とてもありがたい装備であると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。